junk[名]
1. <集合的に>くず、がらくた
《再生可能なガラス・ぼろ・紙・金属など》
2. <比喩的に>くず、くだらないもの、安物
3. <古>固い塩漬けの肉
4. <俗>麻薬、ヘロイン
by GENIUS second edition
ノアの方舟
色々思うところがあって
社会と距離を置いてみた
世捨て人のような生活を1年続けてみた

あー、無駄だなぁ


多分、僕には必要な時間だったのだと思うけれど
何にも生まれない時間
だけど、何かを失っていく時間

ゆっくり
少しずつ
世界が壊れていく


という訳で、新しい世界に旅立ちます
[PR]
# by hal_hare | 2011-06-05 16:18 | 言の葉
大好きな貴女に
大好きな人に、

大好きだと伝えたい


大好きな人のために、

頑張りたい



久しく忘れていたよ
[PR]
# by hal_hare | 2010-04-28 04:36 | 言の葉
思いやりは、
時として仇になる

困らせたくなくて、
それでも
そばにいることを願って

ただ一人
ただひたすら努力して


何にも得られなかったよ
[PR]
# by hal_hare | 2010-04-07 09:18 | 言の葉
西野公論
西野公論というブログがある

知っている人も多いように思うが、
芸人であるキングコング・西野亮廣のブログである
その中で印象的な記事があったことを今でも思い出す


彼は毎日毎日割と長い記事を書く
世論的な話から、日常生活まで様々な内容で記事を書く
365日、欠かすことなく


彼が毎日更新をする理由

それは毎日書く事、思う事があるから
そして、それは当たり前のこと

毎日やってくる今日という日は今までに一度も経験した事のないまったく新しい一日
毎日毎日、昨日とは違う情報が入ってくる
その中で思った事を集約すればブログに載せるくらいの事はある

と、書いている


まったくその通りだな、と思った過去の自分がいて、
やっぱりその通りだな、と思う現在の自分がいる


このブログには過去の僕が存在する
今現在この記事を書いている僕が存在して、
これからも何か思うたびにここに何かを書き記す僕が存在するのだろう

今日という
昨日でも、明日でもない一日を大事にしたい
[PR]
# by hal_hare | 2010-04-01 07:18 | 戯言
考えてから話すこと、話しながら考えること
さて、どちらが正しいのだろうか

答えはケース・バイ・ケース
さらには、『人による』


私に関して言えば

仕事上では、考えてから話す
むしろ、話す内容を一度文字に起こして視覚的に確認してから話す
それは確実性を求めているからなのだが、
レスポンスが若干遅い

プライベート、それも気の置けない相手に対しては、話しながら考える
むしろ、相手を自己分析するための鏡としている側面がある
私と話していて、途中で意見が変わることを目の当たりにした友人は少なくないはずだ(苦笑
それは気の置けない相手だから起こり得ることで、
私の嘘偽りない本心を相手にさらけ出している


結論
どっちもどっちですね
[PR]
# by hal_hare | 2010-03-31 08:03 | 戯言
伝達速度
今、僕が死んだとしたら

どれだけの人に
どれだけの速さで
伝わるのだろう

ふと、そんなことを考えた


取り敢えず
今のところは元気です(苦笑
[PR]
# by hal_hare | 2010-03-30 21:44 | ツブヤキ
ピエロ
笑って、笑って、笑って

ただただ笑う

意味はない
ただ笑顔を顔に張り付かせるだけでもいい

ピエロのように

ただただ楽しそうに
笑っていて欲しい


あんなに楽しそうなんだから
きっとうまくいくよ

あんなに笑っているんだから
きっと幸せになれるよ


だから
笑って、笑って、笑って
[PR]
# by hal_hare | 2010-03-30 04:22 | 言の葉
3年
3年
短いようで、長い

長い人生の中では短いのかもしれない
それでも
まだ若輩者の僕にとっては長い時間

3年
繰り返して、もう3年


僕はまだここにいる
まだここから動けないでいる
[PR]
# by hal_hare | 2010-03-29 02:26 | 言の葉
大切
失意の中で気付かされる


失いたくないもの

僕にとって本当に大切なもの


ありがとう
[PR]
# by hal_hare | 2009-11-16 06:51 | 言の葉
美味しいご飯
ホノカアボーイ、見ました

誰かと食べるご飯は美味しいですよね



今の状態を脱することが出来たら・・・

故郷に帰ってゆっくりしたいです
[PR]
# by hal_hare | 2009-11-16 06:42 | ツブヤキ