junk[名]
1. <集合的に>くず、がらくた
《再生可能なガラス・ぼろ・紙・金属など》
2. <比喩的に>くず、くだらないもの、安物
3. <古>固い塩漬けの肉
4. <俗>麻薬、ヘロイン
by GENIUS second edition
<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
未来への『さよなら』
ちゃんと笑って
手を振ろう

忘れられることが
一番の願いなんだって信じてもらえるかなぁ?
まるで使えない『道具』みたいに、ね
貴方が
僕を必要とするときは
不安定だったり落ち込んでいたり
僕もまた
そんな時以外に
貴方に手を差し伸べない
忘れ去られることを願ってるからなのかなぁ

たくさんのおめでとう
たくさんのありがとう
君に幸多からんことを

静かな『さよなら』を
穏やかな『さよなら』を
僕はここにいるよ?
いつでも扉は開いてる
僕が恋愛を嫌うのは
扉を閉じれないからなのかもしれないね
いつでもおいで?
でも、迷わずにまっすぐ幸せになって欲しい

それが本当の願い
[PR]
by hal_hare | 2005-11-26 06:46 | 言の葉
ポーカーフェイス
ただ哀しくて哀しくて
本当にぐしゃぐしゃに砕かれたみたいだ

仕事からの帰り道…電車の中で決壊した
ありえない
泣きたくなったのも久しぶりなのに
分からないものに締め付けられて苦しい
分からない大きなモノが完全に壊されたみたい
もう二度と戻れない
それは時間かもしれないし信頼なのかもしれない
息が詰まる苦しさでお先真っ暗
息を止めて必死に堪えたのは涙だけかな?

怒れればいいのに
泣ければいいのに
息を止めて
私は感情を切り捨てる
明日は多分ポーカーフェイス
慣れた愛想笑いを続ければいい
[PR]
by hal_hare | 2005-11-22 23:05 | 戯言
愛さ欺めが!!
愛さ欺め!
愛さ欺の分際で
貴様、貴様、貴様に何が分かるというのだぁぁぁぁぁぁ!!!

本日の愛さ欺の言葉

喧嘩? (ぬ!?)
相手♪  (ぴくっ)
予告? (は?)
結婚ー♪ (がぁぁぁぁ)
頭のせずにいられない (。。。。。。)

誰が教えた、誰が!?
誰が、僕が蛙を頭にのせずにいられないって教えたんだぁぁぁぁ
まさか、本当に愛さがこの中に!?

てか、このまんまるな尻がかわうい・・・( ̄▽ ̄)
[PR]
by hal_hare | 2005-11-19 05:03
贈り物
贈り物を買った
こんな形でプレゼントを買ったのは初めてだった

普段なら
何かを贈るのは
喜ぶ顔を想像して僕自身が楽しい
なのに
使って欲しくないものを買った

多分
僕も彼女も喜ばないよね
でも
これは贈り物なんだ
僕が
僕だから気づける
僕だから贈れる
大切な贈り物なんだ

贈り物って
喜んでくれるにしてもそうじゃなくても
贈る人の気持ちそのものなのだろう
贈る相手への願いなのだろう

僕の願いは
貴方が健康でいてくれることだ
だから
僕の贈り物を無駄にして欲しい
[PR]
by hal_hare | 2005-11-19 03:20 | 言の葉
何も言えなくなる
そんなことは初めてで…
考えてることはたくさんあって
伝えたいことはたくさんあって
いくらでも、本当にいくらでも話したいと思うのに。。。
何も言えなくなる
どんな言葉も違う気がして
言葉に定義できない気がして
何も言えなくなる
どんどん伝えたい気持ちだけが
不明確で曖昧で形のない気持ちだけが蓄積されていく
正直…気持ち悪い。。。
吐き気がするほどぐるぐるぐるぐる自分の中で回る
書いては消して、でも、消しては書く
何を言いたいのかすら分からなくなって…やっぱり何も書き出せない

こんな状態に耐えられなくなって…この気持ちを吐き出すのは僕の弱さだと思う
だから、やっぱり言えない。。。
苦しめたくはない
でも、でも、でも。。。
これ以上は無理だとも思う

また自分から諦めてしまうのだろうか
そんなこと願いたくないのに
暴発寸前
むしろ既に暴走はしてる
惑わせて困らせて、何もなかったふりをするのだろうか?
それは…ずるいだろ?

答えは分かってるのに
ただ…恐いだけだ
僕は器用ではないから

僕を選んでよ。。。
そんな気持ち初めてで…泣きそうになる
[PR]
by hal_hare | 2005-11-12 17:37 | 戯言
おやすみ
不意に琴線に触れた
その言葉を刻みつける


おやすみ
すべてに一途すぎた迷い子たち
はがゆさが夢に進化する日まで
おやすみ
モラルに汚れていた指も耳も
この腕のなかでもう眠りなさい

破れた聖書を抱きしめるより
貴方よ祈りを捨てて
自然のルールにその身を任せ
心よ原始に戻れ

最後の懺悔も叶わないなら
世界よまぶたを閉じて
貴方の証拠をさかのぼるように
心よ原始に戻れ


多分逃げてもいいのだ
見たくなければ
多分諦めてもいいのだ
疲れてしまったのならば
そして
貴方は貴方に還ればいい
在るがままに
我がままに
貴方は貴方で在ればいい
[PR]
by hal_hare | 2005-11-07 10:41 | 言の葉
思いがかさなるその前に...
忘れてくれていいよ
ただ僕は君をそっと見守っていたいだけ
君が僕を必要としなくなる日まで
君が僕を忘れてしまう日まで
言葉にならない気持ちは
風に溶けて流れていってしまうだろうから

思いがかさなるその前に
僕はできる限りの気持ちをあげよう

『思いがかさなるその前に...』  平井堅

[PR]
by hal_hare | 2005-11-04 13:07 | 言の葉
『ごめんね』
貴方に最後に告げたのは『ありがとう』
たくさんの『ごめんね』を押し殺して
ただ感謝を
そばにいてくれたことに

何を大切にしていたのか時が経つほど分からなくなるけど
今僕の中にあるのは
まだ押し殺してるたくさんの『ごめんね』
もしかしたらずっと
付き合ってたときからずっと
貴方に『ごめんね』を押し付けていたのかな?

悪いのは貴方
悪いのは僕
貴方が僕を傷つけたのは事実で
多分
僕が貴方を傷つけてたのも事実

人前で泣いたのはあの時が最初で最後
深く深く傷ついて
深く深く傷つけた

『ごめんね』
今でも貴方への罪悪感が募る
『ありがとう』が伝えたいのに
いつだって『ごめんね』しか言えなかった

『ごめんね』は自己満足の呪文
自分を傷つけ縛り付ける呪文

これから何年経てば
僕は僕を許せるのだろう
正しいことなど分からない
僕らはいつだって
迷いながら生きている
[PR]
by hal_hare | 2005-11-03 03:33 | 言の葉
ピアノ
最初に聞いた音楽

ピアノの硬い響が好きだ
一音一音が頭の何処かにぶつかって
共鳴する
時々、無意識にピアノの音が頭の中で流れる

別に音楽が好きな訳じゃない
多分、なくても暮らしていける
それでも
ピアノの音は消えないだろう

冷えた頭の中で共鳴し続ける
音が消えない限り
硬く冷たい優しい音
揺さぶられる音は僕を癒す

ピアノは月みたいだ
[PR]
by hal_hare | 2005-11-02 09:11 | 言の葉